アラフォーのリアルなひとり暮らし

40代のリアルなひとり暮らしの中身を綴っています。

母の日。アラフォーになって感じること。

今週のお題「母の日」

 

今日は母の日でした。

朝からプレゼントを渡しに行き、買い物・ランチをしました。

昔から姉妹と間違われるほど仲が良かったのですが、怒る時はとんでもなく怖い母でした。飴と鞭の使い分けが、天と地ほどの差で驚く…😓

今では歳を取り、私の方が強くなったので、怒るということはなくなりましたが。

 

私が今この歳になって、母親に思うことは、

「まだ孫を見せれていないことが申し訳ない」ということです。

30代の頃は、まあ、そのうちできるでしょう♪ と安易に考えていましたが、

40代になり、ん?これはヤバイのか??と思うように。

結婚は何歳になっても可能だけど(※私はバツイチです)、出産はやっぱりタイムリミットがあるのでね。

母親は、結婚については何も言わないですが、心の中ではきっと望んでいるだろうし、まだ孫も……って思ってるのか…どうか。そこはわからないです。

もちろん私自身も昔から子供が欲しいと思っていますが、こればっかりは一人でどうにかできるものでもなく、お金を貯めたからといって買えるものでもなく。

授かりものですから、神様だけが行方を知っている。

最近では、子供のいない人生もふと考えたりすることもありますが、まだ完全には諦め切れず。

私は母親にはなれないのかなぁ〜とか、周りはみんな子供がいるのになぁ〜とか考えて落ち込むことも時にはあります。

でも考えても仕方がない!と自分に言い聞かせ、毎日を楽しく過ごしています。

まぁ、私は毎日楽しいですが、母はきっといつも心配をしていると思います。

私になかなか彼氏ができないこと、もう結婚をする気がないんじゃないか、と。

私もこういう話は今はしてないですし、母から振って来ることもありません。

あえて触れないようにしてるんだと思います。

きっと言いたいことはたくさんあるだろうけど、私のことを考えて言わないようにしてるのだと。

 

私は自分が母親にはなれていないので、母親の気持ちは分かりませんが、子供として、本当にいつも感謝しています。

母のおかげで乗り越えられたことはたくさんあります。

少し歳を取ってきて、いつまでも若いままではいないということを忘れずに、元気でいるうちにたくさん感謝を伝えようと思います。

出来れば、人生を共にできるような人と巡り会い、私が幸せでいることを伝えたいな。

母がいてくれることを当たり前と思わず、日々感謝して、楽しく一緒に笑っていたいなと思います。

 

お母さん、ありがとう。

 

 

                                  ちい。