アラフォーのリアルなひとり暮らし

40代のリアルなひとり暮らしの中身を綴っています。

ストレスとの付き合い方。〜ちいの場合〜

f:id:aroundforty-hitorikurashi:20190507232453j:plain

 

こんばんは。

 

長い連休も終わり、今日から仕事が始まりました。

やっぱり朝、少し辛かったです。。。

 

基本的には仕事が大好きなので、あまりストレスはないと思っていたのですが、

この長い休みの間、ホントにノンストレスで。。。

自分では気づかなかったのですが、仕事をしている間、何らかのストレスを受けていたんだなぁ〜と。改めて感じました。

まぁ、人は少なからずストレスを受けながら生活していますし、必要なストレスもあると思います。そのストレスとどう上手く付き合っていくか。永遠のテーマなような気がします( ;∀;)

 

私のストレスとの付き合い方は、「あまり考えないようにすることです!」

昔は、答えを探して苦しい思いをしていましたが、今は、「成るように成る」と思って過ごしています。これは、投げやりになるということではなく、考え過ぎないでいる、という意味です。

そのぐらいの気持ちでいる方が、柔軟な対応ができる気がします。

色々考えて自分の中で答えを決めてしまうと、それを正しい答えと認識してしまって、他の意見を言われた時に、「それは違う!!」と反論してしまうようになります。

でも、「何とな〜く、自分ではこう思うけどなぁ〜、どうかなぁ〜、他の人はどう思うのかなぁ〜」ぐらいに考えていると、他の人が自分と違う意見を言った時でも、「なるほど〜、そう考えるか!私とは違う見方なのね」と、一旦受け入れることができます。

それから、自分の考えたことを伝えていけばいいと思います。

でも、またこの伝え方も大事なんですよね。

自分と違うからって、「いや!それは違います!」とか言ってしまうと、険悪ムードに……。

反発ではなく意見交換。私はこう考えたので、こうだと思ったのですが…。と自分の考えを伝えるだけ。一発で話の結論なんて出ないのだから、自分の考え、相手の考えを出した上で、じゃあ、どうします?ってお互いが、「結論を一緒に探していく」という同じ方向を向く。

 

かつて私は、自分の意見を曲げない、自分は間違っていない、何でみんなもっと出来ないの??など、典型的なめんどくさいタイプだったと思います。

仕事に対しての熱量が高く、いつもピリピリして、当然、上司にも意見していました。

でもそれが、30代半ばぐらいからか見方が変わるようになりました。

色んな本も読みましたし、色んな人に会って、色んな話を聞きました。

年齢が違ったり、職種が違ったり、性別などなど。

そうすると、たくさんの考え方が聞けるんです。

みんな経験してきたことが違うから、色んな見方があるんです。

だから、自分の考え方だけが正しいんじゃない。自分が間違ってることもある。

と思えるようになってからは、人付き合いがかなり楽になりました。

そしてイライラすることが本当に減りました。

他人を受け入れることをしていなかったので、自分と違う考えの人に対して、勝手に拒否感があったのだと思います。

 

100人いたら100通りの考え方がある。

私はこの思考でストレスと上手く付き合えてるのではないかなぁ〜。

実際、あまりストレスを自覚していないので(*≧∀≦*)

 

『考え過ぎず! 成るように成る!』 です!!

 

 

では、長くなりましたが。

また明日。

おやすみなさい。。。  

 

                                    ちい。