アラフォーのリアルなひとり暮らし

40代のリアルなひとり暮らしの中身を綴っています。

アラフォーの美容事情。

こんにちわ。

G.Wも最終日です。

何でしょう、この切迫感は……( ;∀;)

明日から働けるのか、体が動くのか、とても心配です。

自信ない……。

 

さて今日は少し、アラフォーのリアル美容事情を。

私は、学生時代(高校まで)はずっと陸上部で、毎日毎日、サンサンと太陽の陽を浴びまくっていました。ジャンジャン汗もかくので、日焼け止めなんてすぐに流れ落ちます。そして諦めます。なので、学生時代は日に焼けてたし、ニキビもすごくありました。←かなりのコンプレックス。

大学に入り、めっきりスポーツはやめましたが、それまで酷使していたお肌はボロボロ。その頃、メイクに目覚めましたが、土台が悪いので上手くはいかず……( ;∀;)

まずは自分の肌を綺麗にしなくては!と色々試しました。

しかし、敏感肌だった私は(今思えば、自分で敏感にしてしまっていたのですが)、新しいものを試しては、すぐに肌が赤くなり、ヒリヒリ。

「あっっ!これは合わない!」

と思い、すぐ次の新しいものに。。。

ホントにこれを何度繰り返したことか。何十回、何百回と。

そして、いつも顔が脂でテカテカしているのが嫌で、1日に何回も洗顔したり、隅々までゴシゴシしなきゃっと頑張ってこすったり。今思い出すと恐ろしく、とんでもないことをしていたと。典型的な悪い方法.°(ಗдಗ。)°.

でも、それは社会人になってからも変わらず、今度は少し高いものに手を出し始めます。きっと高いものは成分も良いはずだし、CMの女優さんみたいに綺麗になれる❤️と。

案の定、結果は同じ。いや、お金がガッツリ減る、という悲しい結末付き。

何年も化粧品にはお金をかけたと思います。

それから十数年が経ち、今では色々勉強もして、ニキビ肌とはおさらば出来ています。

ニキビ肌が治ったのは、洗いすぎをやめたことが一番かな?と思います。

クレンジングも肌に優しいもの(オイル→ミルク)に変え、極力こすらない。

エステに通っている頃、とんでもなく優しい力加減でエステティシャンの方がクレンジングをしてくれるのを、「そんなフワフワでメイクが落ちているのかい??」と心の中で訴えていました。でも今思えば、こすらない!ということがすごく大事だったからなんですね。さすがプロです。

 

ただ、今現在、若い頃に比べて、肌自体は落ち着いていると思いますが、アラフォーになり、今度は別の悩みが。

あんなに顔がテカテカしていたのに、カサカサするところが増え、顔色が悪く見えたり、ホッペが下がって顔が大きくなったような。

自分で鏡を見ている時には、まだまだ若い!って思っていても、社会人になった頃の写真を同期と懐かしく見ていると、「……私たち老けたね。」と小さい声で呟く。

そう!アラフォーになり、「乾燥」「くすみ」「たるみ」などの悩みが勃発してきました。

はぁ〜、歳を重ねるということは何だかなぁ。。。

と、悲しくもなりますが、このまま放っておいたらどんどん落ちていくので、できることを少しずつ続けています。

 

私が今、毎日続けているものを2つ。

 

まずは、

f:id:aroundforty-hitorikurashi:20190506114634j:plain

タカミスキンピール(HPより)

 

あの、「タカミの青い瓶」です。

私は2016年11月にお試しサイズ(税込1000円)を使用し、その次の月からは定期で現在も続けています。(定期便にすると定価の20%OFF)

水みたいにサラッとしているので、すごく付け心地が良いです。

これを使うようになって、すぐにではないですが、今ではくすみが気にならなくなりました。もうこれがないと怖いとさえ思ってしまうほど。

 

あとは、「オルビス」のディフェンセラ

 

f:id:aroundforty-hitorikurashi:20190506125020j:plain

オルビス ディフェンセラ(HPより)

 

これは、今飲み始めて3ヶ月ぐらいです。

トクホにも許可され話題の、「飲む」次世代スキンケア。

潤いをキープすることを考えて作られているので、大人女性の2人に1人が悩んでいる、顔・全身の乾燥に効果が期待されています。

私が感じたのは、背中とかかとです。

飲み始めること以外にそれまでと違うことはしていませんが、2ヶ月ぐらい経った頃に、ふと、かかとが綺麗になったなぁ、と思いました。

これも続けることが大事かな?と思っているので、また追加で注文したいと思います。

※ どうやら売れまくってて在庫が少なくなっているみたいなので、早めに注文しとかなきゃっ。

 

さて、今日は色々書きましたが、アラフォーになって真剣に自分の身体のことを考えるようになったのは事実です。若いというだけで過ごしてきた頃とは確実に色んなことが変わっているので、それに合わせて自分も変えていかないと、と日々感じています。

 

アラフォーになってしていることはまだまだあるので、それはまたいつかお話できたらと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

                                 ちい。